シャンプーはどんなものがおすすめ?

白髪の発生を予防するためには、髪が育つ土壌となる頭皮を健康な状態に保つことが不可欠。

 

そして、頭皮の健康を実現するためには、シャンプーなどの日ごろのケアをどうするか、ということも、とても大切な要素のひとつになります。

 

ここではまず、シャンプー選びのコツについてお話ししましょう。

 

シャンプーのおもな種類と特徴

ではまず、現在市販されているシャンプーの、おもな種類と特徴を挙げていきましょう。今のところ、市販のシャンプーは、以下の3種類が主流となっています。

 

〇石油系合成界面活性剤使用のシャンプー
〇石けんシャンプー
〇アミノ酸系シャンプー

 

まず、もっとも多く市場に出回っているのが、石油系合成界面活性剤使用のシャンプー。大きなボトルで、安価で売られているシャンプーのほとんどはこれに該当すると考えたほうがいいでしょう。洗浄力が高く泡立ちやすいというメリットがありますが、頭皮や髪への刺激が強く、中には「頭皮のたんぱく質を変性・破壊してしまう」という恐ろしいリスクがあるものさえ存在します。

 

シャンプーに石油系合成界面活性剤が使われているかどうか、その簡単な見分け方としては、成分表示の中に「スルホン酸」「ラウレス」「ラウリル」「〇〇硫酸」のいずれかの言葉が含まれているかどうかを見る、という方法があります。

 

成分の中に、もしこれらの言葉が含まれていたら、そのシャンプーは石油系合成界面活性剤を使用している可能性がきわめて高いです。

 

次に石けんシャンプーとは、石けんの成分を、シャンプーとして液体化したもので、石油系合成界面活性剤のような刺激性もないため、頭皮や髪にいい、と言われています。自然派志向の人に根強い人気がありますね。

 

ですが、石けんシャンプーは髪や頭皮に石けんカスが残りやすい、髪にきしみが生じて傷みやすい、一部のパーマ液の成分と非常に相性が悪い、などという欠点があります。

 

そして最後に、アミノ酸系シャンプーですが、こちらはアミノ酸から合成した界面活性剤を使用したもので、石油系よりもはるかにマイルドで、髪と頭皮にダメージを与えにくい、というのが最大のメリットとなっています。「アミノ酸系洗浄剤使用」などとパッケージに書かれているものがあれば、それがアミノ酸系シャンプーです。

 

しかしその反面、石油系に比べると洗浄力が少し弱いので、頭皮がオイリーな人の場合、特にしっかりと頭皮を洗うことを意識しないと、脂汚れが落ちにくいという欠点を持っています。

 

選ぶならどのタイプのシャンプーがいい?

というわけで、3種類のシャンプーについての特徴をそれぞれご紹介しましたが、この中でどれが一番おすすめなのかというと・・・

 

ズバリ、アミノ酸系シャンプーです。

 

アミノ酸系シャンプーは石油系などより洗浄力が弱いので脂汚れが少し落ちにくい、という弱点はあるものの、基本的に、頭皮というのは加齢とともに乾燥しがちになるものですので、白髪の発生が気になる年齢、ともなると、ほとんどの人はアミノ酸系シャンプーの洗浄力でも、まったく問題ありませんよ。

 

page top