正しいドライヤーの当て方

お風呂あがりにすぐやるべきヘアケアと言えば、「髪を乾かすこと」です。

 

髪が濡れるとキューティクルは非常にデリケートになってしまいますので、もし、髪を濡らしたままにして放置しておくと、水分を吸った髪の重みだけでも、キューティクルが裂けたりはがれたりしてしまうことにつながるのです。

 

ですから、髪を乾かすためのドライヤー利用は必須ですよ。

 

とは言え、ドライヤーの温風の熱による髪へのダメージも心配なところですよね。
そんなわけでここでは、できるだけ髪にダメージを与えず、効率よく乾かす方法をマスターしていきましょう!

 

まずはタオルで水分取り!

ドライヤーをかける前にまずやっておきたいのは、「タオルである程度の水分を吸い取っておく」ということです。かといって、タオルでゴシゴシ髪をこするような拭き方をしてはいけません。キューティクルがメチャクチャになってしまいますよ!

 

タオルでの水分取りは、「タオル生地に髪をはさんでから、タオルの上から両手でポンポンと押さえるようにする」というのが正解です。

 

正しい「ドライヤーの風の当て方」を覚えよう!

タオルである程度水分を吸い取ったら、いよいよ、ドライヤーでの乾燥を開始します。

 

この時に大切なことは、以下の2点です。

 

〇ドライヤーの送風口は、髪から15〜20センチほど離す。風は勢いよく出してOK。
〇髪を乾かす、というよりも、頭皮を乾かすことを意識する。

 

ここでちょっと難しいのは「頭皮を乾かすことを意識する」という点です。

 

ただ単に、勢いよく温風を当てているだけでは、髪ばかりに風があたってしまいますからね。

 

指で髪を軽くかきあげるようにすると、頭皮が見えるので、そこに向かって風を送り込むようにするのがポイントです。それも、1カ所に集中して温風を当てるのではなく、「指でかきあげる場所をこまめに移動させながら、温風を当てる場所もそれに合わせて移動させる」という形にして下さい。

 

こうすれば、髪に高熱の温風が当たるリスクは格段に下がりますので、キューティクルの傷みを最小限にとどめながら、髪を乾かすことができるようになるのです。

page top