頭皮マッサージとツボ刺激

頭皮の血行を良くするのに効果的なのが、頭皮マッサージおよび、頭のツボ刺激です。

 

頭皮の血行が良くなれば髪そのものが元気になり、白髪発生の予防にも役立ちますから、これを利用しない手はありませんよ。

 

簡単にできるマッサージ法とツボ刺激法をご紹介しましょう!

 

このコツさえ覚えれば簡単!頭皮マッサージ

頭皮マッサージというと「素人には難しそう」と思われるかもしれませんが、実は、たった2つのコツを覚えるだけで、素人でも効率的な頭皮マッサージができるようになるんですよ。

 

そのコツとは・・・

 

〇指の腹で、「頭皮をつかみ・離す」という動きを繰り返す。
〇マッサージの時の手の動きは、「下から上へ」が基本。

 

つまり・・・指の腹で頭皮をつかみ、離すというマッサージを、少しずつ指を上にずらしながらやっていけば、それだけで立派な頭皮マッサージになるというわけです。

 

特に、頭皮の中でも主要な血管がたくさん通っている後頭部を重点的に、「下から上への指の腹でのマッサージ」をやると効果的。

 

頭皮の血行が良くなると、頭のズーンとした重みが軽減されるだけでなく、目の疲れもスッキリしてきます。特に、「目の疲れがスッキリしてきた」というのは、頭皮の血行がかなり改善された目安にもなりますから、この状態を目指して、入浴中の湯船の中などで、頭皮マッサージにチャレンジしてみて下さい!

 

仕事の合間にもできる!頭のツボ刺激

ツボ刺激は、仕事の合間のリフレッシュとしても使える有効な手段。
覚えやすく効果的なツボを、2つご紹介しましょう。

 

まず、もっとも覚えやすいツボと言えるのが、こめかみにあるツボ・頷厭(ガンエン)です。こめかみのくぼみの部分にありますから、素人でも間違えることなく押しやすいツボですよ。

 

この頷厭のツボを、指の腹でぐっと強めに押しながら5秒ほどかけてゆっくり息を吐き、指を離したら息を吸う、というのを数回繰り返しましょう。

 

そしてもうひとつ、頭皮の血行を良くするために絶対に覚えておいてほしいツボが、後頭部の髪の生えぎわ、首の骨から左右にそれぞれ2〜3センチほど移動したところにあるくぼみに存在する、天柱(テンチュウ)のツボです。

 

この天柱のツボは、指の腹で押すよりも、こぶしでぐっと下から上に突き上げるように刺激したほうが効果的です。こぶしで天柱を押しながら、ゆっくりと息を吐きだし、息を吸う時はこぶしを天柱から離しましょう。

 

また、仕上げとして、天柱のツボをこぶしでグリグリと回すように刺激してから、首筋を指の腹で上から下にさするようにすると、より血行促進効果とスッキリ感が得やすくなります。

 

これらのツボ刺激は、仕事中は「トイレ休憩に行くついで」にするのがおすすめですし、自宅では、血行促進効果が高まりやすいお風呂あがりにするのがおすすめですよ。

 

page top