白髪染めはヘアカラーよりヘアマニキュアがおすすめの理由

白髪染めの手段として人気なのは、ヘアマニキュアとヘアカラー(ヘアダイ)の2種類。

 

では、この人気の2種類のうち、あえて選ぶならどちらを選んだほうがいいのかというと・・・

 

私は迷わず、ヘアマニキュアをおすすめします!
その理由についてお話ししましょう。

 

ヘアカラーは髪へのダメージが大きすぎる!

ヘアカラーよりもヘアマニキュアをおすすめしたい最大の理由は、「ヘアカラーは髪に与えるダメージがあまりにも大きすぎる」という大きな欠点があるからです。

 

ヘアカラーによる染めは「髪のキューティクルを強引に開いて、そこから脱色剤と合成化学染料を浸透させる」というものですから、髪にとっては「奥まで刺激物が入り込んでしまう」という状態になってしまいます。

 

また、ヘアカラーに入っている「刺激成分」は脱色剤と合成化学染料だけではありません。染料を髪に定着させ色づき・色持ちを良くするために使われている成分「PPD(パラフェニレンジアミン)」も刺激性が強く、髪だけでなく頭皮のトラブルまで招いてしまうことがあるのです。

 

このように、刺激物質の多い白髪染めはアレルギーリスクも高い、というデメリットがあります。

 

どんなアレルギーにせよ、いったんアレルギー反応が出てしまうと、もうその成分に対しては将来的にもずっとアレルギー反応が出てしまう、という状態になりがちですので、特に「花粉症やアトピーなど、なんらかのアレルギー疾患を持っている」「食物アレルギーがある」など、アレルギーを起こしやすい自覚がある人は、ヘアカラーの使用は極力避けるべきですね。

 

ヘアマニキュアのメリットとデメリット

というわけで、ヘアカラーは髪に大きなダメージを与え、さらには頭皮トラブルやアレルギー反応まで起こしてしまうリスクがある、ということで、ヘアカラーよりもヘアマニキュアがおすすめ!ということになります。

 

ただし、ヘアマニキュアにもメリットだけでなくデメリットもありますので、その両方を事前に理解した上で使用しましょう。

 

まず、ヘアマニキュアのメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

 

〇刺激性の強いPPDが配合されていない。
〇髪の表面をコーティングするように染めるだけなので、キューティクルを薬品で無理やり開いたりしない。
〇髪を傷める脱色剤も配合されていない。
〇化学染料を使用せず、天然染料を使用しているものもある。

 

つまり、ヘアカラーと比べるとずっと、髪にやさしい仕様だと言えるわけですね。
特に、天然染料を使用したヘアマニキュアは、髪へのダメージを最小限に抑えることができるのでおすすめです。

 

しかし、ヘアマニキュアには以下のようなデメリットもあります。

 

〇ヘアカラーと比べると色持ちが悪い。
〇使い始めてからしばらくの間は、染め色が薄いと感じる人も居る。
〇髪を脱色してから染めるわけではないので、元々黒髪だった髪は、より濃い色になってしまう。

 

いったん脱色して均一な色に芯から染めるヘアカラーと比べると、こうした点で弱みがある、ということです。

page top